今回ご紹介するのは、2021年で絶大な人気を誇った日本のファッショントレンドです!日本独特の文化、コミュニティ、自己表現、リスクテイキングがその中核となっています。私たち日本人はプリント柄をあれこれ混ぜたり組み合わせたりすること、おふざけアイテムをアクセサリーにするといったことを大胆にやってのけます。

また、日本の中心地・東京のライフスタイルや美的感覚などもまた、日本全体のファッショントレンドに影響を与えているようです。例えば、鮮やかな色彩、オーバーサイズ、実験的なレイヤー使い、柄on柄、触覚生地などはすべて、東京・原宿のストリートファッションに刺激されたトレンドです。

 

  1. デザイナーマスク

マスクを着用することは、日本では、パンデミック以前からごく普通に行われていた習慣です。コミュニティに価値を置く日本文化では、マスクをすることは他者を気遣い、そしてお互いを守るための一手段にすぎないのです。ですから、私たち日本人がマスクをファッションアイテムとみなし、自己表現の一手段にすることに何の不思議はありませんよね。

そして今や、マスクが最も人気のあるファッショントレンドとなっています。個性的な切り抜き、ロゴ、色使いでデザイナーマスクは大きな人気を集めており、その日の服装に合ったマスクを選んで、オシャレを楽しんでいます。

 

  1. ゴス・グランジ

もともとのグランジスタイルは、1980年代後半、当時の世の中の潮流に真っ向から対抗するものとして、古着屋から生まれ出たスタイルですが、日本のグランジスタイルは全く異なります。2021年、国内のスタイリストたちがゴス・グランジというスタイルを取り入れて、「パンクはファッションではなく自己主張だ」をモットーに、パワフルな視覚的手段による主張を開始したのです。

ちなみに余談ですが、ゴス・ファッションは現在、最も人気のあるスタイルの一つで、グランジとフェアリーコアを一緒にしたフェアリーグランジスタイルの服も、アメリカでかなりの人気を集めています。

 

  1. 大胆な色使いのオーバーサイズパーカー

ぶかぶかの服を着るスタイルが東京の街中で始まり、それがやがてアメリカのヒップホップと相まって、オーバーサイズのパーカーへと変遷していきました。そして今年になって再び、オーバーサイズパーカーが日本のトレンドに戻ってきました!というのも、日本の街着ファッションのトレンドがこのアイテムと再び合致したからです。

スリムジーンズやタイトフィットのスカート、あるいは体にぴったりフィットするシャツと合わせれば、大胆な色使いのパーカーは旬のトレンディースタイルになります。大きめの存在感のあるシルエットは快適で、ゆったりと気楽な着心地で、着回しもきくし、何より男女共用できますから、ここ当分人気が衰えることはなさそうです。

 

  1. E-ガール

現在、E-ガールファッションというものが存在し、しかも急速に人気上昇中です。他のテイストとは全く異なる、独特の雰囲気とスタイルが特徴です。このE-ガールという考えは2000年代に初めて登場し、かつての「電子女性」の現代版ライフスタイルがK-Pop ファッションやレイヴ・カルチャーにインスパイアされて生まれた、いわば若者のサブカルチャーです。したがって、E-ガールファッションとは、ゴシック、グランジ、ヴェイパーウェイブ、スケータースタイル、ドール(人形)チックなアニメ調といったものが入り混じった、独特のファッションスタイルとなっています。 

 

  1. テックウェア

日本のテックウェアビジネスは現在、Reddit やソーシャルメディアで成長し続けています。日本のテックウェアのデザイナーたちは、画期的な素材をアバンギャルド的な感覚と見事に組み合わせて利用しています。一言で言うと、東京の街中から生まれたテックウェアとは、とにかく超カッコイイ服であり、2021年のみならず、この先数年は注目を浴びることになるでしょう。そして東京は、日本のファッションを代表するテックウェアの世界的トレンドを発信する主要都市なのです。